Text Size : A A A
Img_4ee79f1dac8d9cbc63c459ce7a3b973f
The magic has just began.

-Aurea magic candles

旧年中は本当にありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


1月の臨時休業のお知らせです。
1/11(土)、19(日)、24(金)はショップの営業をお休みとさせていただきます。

制作の為、最終週と2月も少々イレギュラーになると思いますが、
決まり次第こちらとFacebook、Twitterなどでお知らせさせて頂きます。

ご不便をおかけしますがどうぞよろしくお願い致します。
2014年2月8日(土)13:00-18:00
鉱石ジュエリーブランド KIKY「立春の願いを込めたジュエリー受注会」

を、デザイナーの 星山 清美 さんをAurea magic candlesにお迎えして行います。

前回、クリスマスイブにお届けする受注会も大変ご好評をいただきました。
ありがとうございました♪

ゆっくりお茶を飲みながら、石の美しさを楽しみながら、彼女が生み出す素敵なジュエリーのお仕立てのご相談いかがでしょうか?

石選びのアドバイスには前回同様 由利 光子 さんをお迎えいたします。
あなたと石を繋げる魂に響く彼女のメッセージ、ぜひ聞きにいらして下さい♪

バレンタイン前ですので、おいしいチョコレートとコーヒーなどをご用意させていただこうと思います。
またバレンタインに合わせて、恋を叶えるSweetなろうそくたちもお店に並べてお待ちしております^^

立春をすぎれば暦の上では春。ジュエリーに込めたみなさんの願いが叶いますように☆

●日時:2月8日(sat) 13:00~18:00
●場所:Aurea magic candles
 (Click!) 
武蔵野市吉祥寺本町1-28-3 ジャルダン吉祥寺107
0422-27-2497

KIKY
 (Click!) 
info@kiky.jp

詳しくはこちらをご覧下さいませ↓
KIKY BLOG
 (Click!) 
Img_1f39371ef43110ca0b9bfe860b1acd5c
Img_54b5cc579ebbb069116bbbc1b9e2770d
Img_1f398fca646266394ce6f4c3a2b130d8
Img_af8808ec1bd9047c8b88b57c5111e5f0
以前、制作していたDinerシリーズのキャンドルたち、
アトリエ&ショップと方向性が離れてしまったという理由で制作をお休みしていたのですが、

私が昔から個人的に大好きだった福生のショップ、
BIG MAMAさん  (Click!) 
にご縁をいただきお取り扱いいただけることになり、今年から再度制作販売いたします。

(お取り扱い店さまのみでご購入いただけます。Aurea magic candlesのショップでの販売はありません)


Ginny's
By Aurea magic candles

1960年代、アリゾナ州のモハヴェ砂漠、ニードルズ周辺で人気を博した、という設定の架空のダイナー。大きな黄色い看板猫がいたGinny's(ジニーズ)のメニューをモチーフとしてひとつひとつに物語をこめ、手作りで制作しています。

■Extra heavy coffee(Boy,you're grown up) ¥2,500(+Tax)

世界中の夕焼けを描くため風のように気ままに世界を飛び回り、少年のまま大人になってしまった絵描きのフレディ。彼が生まれ故郷の夕焼けの絵を描くために帰ってきて、ダイナーの裏にある自宅のトレーラーハウスで暮らした日々、毎日7杯も飲んでいたというアメリカなのにアメリカンじゃない、Extra heavyなコーヒー。Fire king Extra heavy mugを模したマグに入っています。

■Twinkly little devil's cupcakes ¥1,200(+Tax)

赤毛のポニーテールがトレードマークの看板娘、"リトルデビル"トゥインキー自慢のホームメイドカップケーキたち。甘い甘いアイシングは彼女のウインクで更に甘く、大勢のトラック乗りたちのハートを虜にしました。1度トゥインキーのカップケーキを口にしたが最後、彼らはその後足しげくGinny'sに通うこととなったそうな。

■"Brilliant" Dark Cherry Pie ¥1,400(+Tax)

Ginny'sのウェイトレス、陽気なブロンド娘ルーシー。英国旅行中の彼女に一目惚れし、はるばるニードルズまでやってきた口ひげの英国紳士ミスタークレティアン。彼女と彼女の生まれ育ったアメリカのことは心から愛せそうでしたが、食べ物だけがどうも口に合いません。その日、諦めの表情でこのパイを口に入れた彼は叫びました。"Brilliant!”なぜかGinny'sのチェリーパイは遠いふるさとの彼のママの味がしたのです。