2016-12-27

20161227/BLOG/路地裏の小さなろうそく店

吉祥寺の路地裏につくった、
小さなショップをクローズしてから
今日でちょうど1年がたちます。

オープンしたのは2013年の7月の終わり。
たぶん、長くは続けられないであろうことも、
薄々わかっていて、けれどもどうしても、
路地裏に実際にある、不思議な魔法のろうそくのお店、
という「かたち」を作りたくて。

それだけの思いで作った、
Aurea magic candlesという、
路地裏の小さなろうそく店でした。

去年、ショップ営業最後の日に来てくださった、
いちばん最後のお客さまが、伝えてくださったこと。

“このお店の世界に触れたら、
自分の中に眠らせていた魔法が目を覚ましました”

最後にいただいて、とても嬉しかった宝物のような言葉です。
そして、わたし自身も、ショップを開いて以降、
それをとても感じていました。


今年は、本当に心の中で、
いろいろな魔法の旅をしていた年でした。
自分自身が、どこでどうして生きてゆきたいか。

「今」、いちばん自分に心地よく、
いちばんうれしい選択をただ、し続けること。
ただそれだけが、
いつか必ず還る場所への道になることを、
1年を通して感じていました。


大すきだったショップとアトリエの内装を壊し、
ゼロに戻すことから始まった年。

わたしの人生で、
大きな存在だったひとたちとのお別れも続き、
そして、長く親しんだ場所から引越しもしました。


2013年からの、宝物のようだったひとつなぎの時間に、
9月の秋分頃、大きくさようならを選択して。

そして新しい時間が始まると同時に、
憧れていたお店から、
とてもうれしいお仕事のお話をいただいて。


その後出逢えた、
はじめましてのはずだった、何人もの方が、
あの小さな路地裏のろうそく店に来て下さっていたことや、
目で見て知って下さっていたこと、を知らせて下さいました。

中でも、ほんとうに嬉しかったのは、
以前からとても大すきだった方が伝えてくださった、

2013年のオープン直後の夜に、
偶然にあの路地裏を歩いていたその方が見ていてくださった、
ショップの窓からもれていたという、ろうそくの灯の話です。

あんまり大切で、うれしい、特別なお話だったので、
胸の中の大切な場所に飾ってあり、ここには記しませんが。


あの場所で、あのろうそく店を始めたことは
自分だけの満足ではなかったのだ、ということや、

感じる不思議なつながりやご縁は、
見えない場所でしっかり育っていて、
ある日、花が咲くように、目に見える形に表れてくれること。


そして、
魔法は、確かにその時そこにあったこと、
そしてこんなに、確かにここにあること。

わたしが、何よりも大切に思うことを、
数年の時を超えて、伝えていただけたのです。
本当に、ありがとうございました。


誰もがみんな、自分の選択を疑いなく信じて、
胸の光が指し示す方向へ走り出せますよう。

そこで待っている未知の世界は、
本当は誰もにひとつずつの、
懐かしい王国なのだと思います。


わたしの中の王国の、
懐かしいひとがこう言っているみたいです。

「本当はすべてを知っていた、
だけどただ、何もかもを初めて出逢うかのように、
ひとつずつ思い出したかったんだ、
そして、その大切さと愛を知りたかったんだよ」


大切な12月に、たくさんの愛をこめて。

Aurea magic candles
清水愛子



 

関連記事