2020-10-28

20201028/BLOG/”The Source”についてのこと

“The Source”
ちいさなリチュアルのためのセット、今回分、すべてお送りできました。
お申し込みいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

この小鳥のつがいのろうそくの原型は、
以前にあった吉祥寺の店舗の向かいのマンションにやってきた、
つばめのつがいをモデルに作りました。

6年ほどつくり続けているのですが、
以前はいろいろなところへ旅立てるように。
カラフルな色に、カラフルなリボンで、
ランダムな組み合わせで、何百組もつくったのだと思います。

今回この小鳥たちには、
お申し込みいただいた方のお名前をお預かりし、
その方の「王国」の領域にいる小鳥たちとの経路をひらく、
というたいせつな役割をお願いしています。
(そのふたつを、蜜蝋を固める際から、ひと組ずつに伝えてあります○)

なので、
その方のお名前と、
その方の「王国」との経路という、
とても大事なenergyをお預かりしている小鳥たちを守るため。
できあがったそばから、すぐにひと組ずつ箱に入ってもらい、封をしています。

(オーダーのバースデイギフトや、ご結婚のお祝いなどで、
お名前を入れて制作をすることは過去にたくさんありましたし、
オンラインショップでは必ず、お客様のお名前をお預かりしますが、
それは「お送り先」としての意味だけですので、全然ちがっていて。)

今回のかたちでつくってみて感じたのですが、
この小鳥たちはたぶん今後、この役割をしばらく続けてゆくみたいです。

(この、小鳥たちの象りをつかうための、
どこか、上の方とのライセンス契約のようなものが終わるのかな、
と、ちらっと感じたのですが、
それはどうやら、これまでのようなかたちが終わるということだったよう)

たぶん、小鳥たちは、もっと前からずっと、こっちだよと言っていて。
わたし自身も、この手伝いをずっとやりたかったのですが、
「お名前を、意味のあるものとしてお預かりする」ことが、
たぶんこれまでのわたしには、とても重みがあることで、
出来なかったのだな、と。

Aureaの世界観での話ですが、
その方の、「王国」の領域の小鳥たちは、
王国の中心のちいさな光をまもる小鳥たち。
それはとても神聖なものだと、感じています。

“The Source”としての、ろうそくの小鳥たちは、いわば、
その方の「王国」の領域の小鳥たちを「本体」とする、象り 
としてつくっています。

「本体」とつながる経路をひらくこと、をお願いしてつくっていますが、
それ以外の意図や目的、なにかが良くなりますように、etc.
「よき」願い、などは、
もちろんまったく、入っていません。
入っていません、というか、
たとえ入れようとしても、入れられないのだと思います。

それぞれの方の「王国」は、
それぞれだけの、ほんとうの美しさ、があり、
最初からそのすべてが完全であって、
本人以外、誰であっても、その領域には触れることができなくて。
誰かの意図や願い(たとえそれが「良きもの」だとしても)などの干渉は、
一切うけることがないから、だと。

象り、という言葉が正しいのかはわからないけれど、
「王国」の小鳥たち本体、の、
手に取ってつかうツールとしての、象り。

(かたしろ、のようなものなのでしょうけど、
その言葉を使わせていただくと、なんだか重い&ちょっとジャンル違い、かと。笑 なので、模したもの。かたどり。そっちの方がしっくり。)

それを作らせていただいていると、不思議なのですがやっぱり、
それぞれの方の美しい魂、王国の片鱗、
みたいなものが、輝く金の粉のように伝わってきていました。
その感じは、それぞれみんな違っていて。
片鱗を感じさせていただけて、とても、しあわせな気持ちでした。

目にみえないさかずきが、また満ちるまで。
今後しばらく、
必要なかたのもとにこの小鳥たちが飛んでゆく手伝いを、
丁寧に少しずつ続けてゆきたいと思います。


関連記事